断熱材吹付前に野地板の下に通気スペーサーを取付けて
通気層を確保します。

dou40.jpg






今回はアクアフォームで施工してます。
規定の厚みは屋根は80mm、外壁は75mmです。

dou41.jpg






吹付後、壁のボード張りに支障がある程膨れた所は削り落とします。

dou42.jpg





サッシの額縁を付けてボードを張ります。
このピンク色のボードは「ハイクリンボード」で、
ホルムアルデヒドを吸収、分解してくれる優れものです。
アドバンスでは「快適な家」をコンセプトとしてますので、
石膏ボードは「ハイクリンボード」を使用しております。


dou43.jpg






間仕切り壁を起こして、建具枠を取付けます。


dou44.jpg



現場は問題もなく着々と進んでおります。
スポンサーサイト

屋根のアスファルトルーフィング貼りです。
軒先から貼り始めて、重なり代は100mmです。

dou30.jpg 







ガルバリューム鋼板を葺いていきます。

dou31.jpg 







片流れ屋根用の換気棟です。

dou32.jpg 





次に外壁サイディング工事です。
サッシ廻りは防水テープで処理してます。


dou33.jpg 






透湿防水シートを貼って通気胴縁を施工してます。

dou34.jpg 




サイディングを張っていきます。

dou35.jpg 



内部も順調に進んでいるので次回紹介していきます。

今回は構造金物を紹介します。
補強金物の位置、種類は「N値計算」によって決まります。
土台と柱脚部の状況です。
基礎に埋め込まれているM16ボルトに取付ます。

dou22.jpg





梁と2F柱脚部です。
こちらは、専用のビスで取付ます。

dou23.jpg




筋交と筋交金物です。


dou24.jpg






垂木止め金物です。


dou25.jpg





JIOの構造検査を受けました。同じ日に役所の中間検査も受けました。
両方、問題もなく「合格」を頂きました。


dou26.jpg




次回は屋根、外壁を紹介します。

少しバタバタしてまして更新が遅くなりました。
床下の断熱材です。
フェノールフォーム保温板3種1号のフェノバボードを使用してます。


dou15.jpg 



断熱材敷込後、床合板を貼っていきます。





dou16.jpg





上棟の様子です。
1階柱、梁まで終わって2階の床合板を貼ってます。




dou17.jpg 




2階の梁を架けてます。




dou18.jpg 



垂木架け作業中です。




dou19.jpg 




無事に野地板まで完了しました。



dou20.jpg 



次回は筋交や構造金物を取付ていきます。

立上り型枠建込完了後の全景です。

dou9.jpg



立上りコンクリートを打設後養生期間をおいて型枠をばらしました。
作業中だったので片付けがまだ十分ではないですが、
作業終了時にはちゃんと整理整頓して帰ります。

dou10.jpg 



玄関土間下の断熱材敷込状況です。
写真の右側は玄関ポーチ(外部)となります。

dou11.jpg 





建込用の足場も組上がりました。
ちなみにブルーシートで覆われているのは床下断熱材を仮置き養生しています。




dou12.jpg 



床下配管の保温も終わりました。
これから大工さんの作業に入っていきます。

dou13.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。