宮山町の擁壁の鉄筋が組みあがりました。

これがコンクリートの中での骨の役目を果たします。

コンクリートは圧縮力には強いですが引張力に弱いため、それを補うためのものです。

組みあがりの全景です。

鉄筋の向こう側の黄色い板はコンクリートを流し込むための型枠です。

これからこちら側も組み立てていきます。

miya4142.jpg













正面側です。

型枠は鋼管で押えます。

こうしなければコンクリートは流動体なので、型枠が崩壊してコンクリートが流れ出てしまいます。

中央左よりの開口部は階段になる部分です。

miya4141.jpg

スポンサーサイト

おべっちです。

私のプログも震災を受けているようです。

いまだに復旧しておりません。

あたらしいブログのアップも出来ない状態です。

だからこちらの方にお邪魔させていただきました。

現場管理日記ですので、新しい現場を紹介したいと思います。

新規分譲地です。

miya0482.jpg 

上の写真は豊中の宮山町です。

2区画の分譲予定です。

現在造成工事の途中で、擁壁の捨てコンクリートを打設した状態です。

これから、鉄筋を組んでいきます。

進捗状況はまた報告したいと思います。









こちらは須磨桜木町の分譲地です。

miya4081.jpg 


須磨の桂離宮のすぐ下にあります。

こちらのほうも造成工事があったのですが、ほぼ完了いたしました。(下の写真)

現在モデルハウスの確認申請を提出中です。

確認許可がでましたら、売出しをかけて生きたいと思います。

miya4083.jpg 













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。