断熱の施工が完了しました。

アクアフォームと言って、水と反応して発砲する断熱材です。

床にひいてある銀色の板は床暖房です。

7月4日撮影

kougetu7131.jpg



断熱材の施工が終わると大工さんは天井の下地に取り掛かります。

この部屋の天井は勾配天井なので、斜めに下地を作ります。


kougetu7132.jpg




こちらの大工さんは窓枠を作っています。

因みにこの大工さんは、我がアドバンスの若棟梁です。

黒木伸一郎と言います。

よろしくお見知りおきを。

7月4日撮影

kougetu7133.jpg




外回りはサイディング貼りの準備にかかりました。

基礎コンクリートの境に水切りを設置し、透湿防水シートを張っていきます。

7月4日撮影

kougetu7134.jpg





防水紙の上から胴縁を打っていきます。

この胴縁の厚み部分が通気層となります。

サイディングはこの胴縁の上に打ち付けていきます。

この通気層で熱気を抜きます。

7月6日撮影

kougetu7135.jpg 






部屋内では大工さんが天井のボードを貼りだしました。

7月6日撮影

kougetu7136.jpg 




何をしているのか良くわかりませんが、 ユニットバスの据付を行っています。

7月6日撮影

kougetu7137.jpg 



床のフローリング貼も始まりました。

床暖房のところは、緑色の帯のところをくぎ打ちで止めます。

床材は栗の無垢材です。

7月6日撮影

kougetu7138.jpg 



こちらは2階です。

木工ボンドをつけてくぎ打ちで施工します。

7月6日撮影

kougetu7139.jpg 

ようやく家らしくなってきました。

完成が楽しみです。









スポンサーサイト


基礎配筋検査を受けた後、基礎ベースコンクリート打ち (生コン)です。

ポンプ車を使って底盤部(ベース)をいっきに打ちます。

coco7115_20110712113514.jpg 

coco7116_20110712113513.jpg 

 
coco7118.jpg 


coco7117.jpg




7月11日の午前中に基礎配筋検査を受けました

無事検査は終わりました

coco7111.jpg 

coco7112_20110712113515.jpg coco7113_20110712113515.jpg

coco7114_20110712113514.jpg 

みなさま暑い中ごくろう様でした



基礎配筋が開始しました

 78No2.jpg

78No1.jpg

基礎工事用掘方後ベース用コンクリートです。

75No1_20110708151037.jpg 



75NO2_20110708151036.jpg 



 

  閑静な住宅街にあるここちゃん家の敷地です。

土地のお清めも済ませて頂きいよいよ着工工事です。

73No3_20110708151038.jpg

73no1_20110708151039.jpg 

 73No4_20110708151037.jpg


これからよろしくお願いします


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。