FC2ブログ

今回は土間コンクリート打設状況です。


AE1.jpg




ポンプ車で圧送し、バイブレーターで締固めます。
写真の手前側は均し作業中です。


AE2.jpg




土間コンクリート打設完了です。

AE3.jpg


次に立上り型枠の建込です。
同時にアンカーボルトをセットしています。
写真は立上りコンクリート打設後です。


AE4.jpg




養生期間をおいて型枠をばらします。
ポーチの下地、床下配管まで終了です。

AE5.jpg




これからは大工さんの出番です。

新しい現場が始まりましたので更新していきます。


基礎根切り、床付け状況です。


ari1.png 




ベタ基礎外周ハンチ部の砕石厚さ120mmです。
砕石敷き、転圧後捨てコンクリートを打設します。

ari2.png 




次に墨出し後外部型枠の建込、鉄筋組立と進みます。

ari3.png 




自主検査で配筋ピッチ、鉄筋種類を確認します。
問題箇所があればここで修正します。(この現場は問題なかったです)

ari4.png 



JIOの検査も問題なく「適合」でした。

ari5.png 












 

外構工事に着手しました。
斜面階段用の杭を打ち込んでます。

dou50.jpg 






斜面階段完成です。

dou51.jpg 





勝手口前の階段はモルタル押え仕上げです。

dou52.jpg 





玄関ポーチのタイル下地と境界ブロックを積みました。

dou53.jpg 





目隠しフェンスの基礎も組み終わりました。

dou54.jpg 





内部は仕上げ工事に入ってます。
ボードジョイントのパテ処理です。

dou55.jpg

断熱材吹付前に野地板の下に通気スペーサーを取付けて
通気層を確保します。

dou40.jpg






今回はアクアフォームで施工してます。
規定の厚みは屋根は80mm、外壁は75mmです。

dou41.jpg






吹付後、壁のボード張りに支障がある程膨れた所は削り落とします。

dou42.jpg





サッシの額縁を付けてボードを張ります。
このピンク色のボードは「ハイクリンボード」で、
ホルムアルデヒドを吸収、分解してくれる優れものです。
アドバンスでは「快適な家」をコンセプトとしてますので、
石膏ボードは「ハイクリンボード」を使用しております。


dou43.jpg






間仕切り壁を起こして、建具枠を取付けます。


dou44.jpg



現場は問題もなく着々と進んでおります。

屋根のアスファルトルーフィング貼りです。
軒先から貼り始めて、重なり代は100mmです。

dou30.jpg 







ガルバリューム鋼板を葺いていきます。

dou31.jpg 







片流れ屋根用の換気棟です。

dou32.jpg 





次に外壁サイディング工事です。
サッシ廻りは防水テープで処理してます。


dou33.jpg 






透湿防水シートを貼って通気胴縁を施工してます。

dou34.jpg 




サイディングを張っていきます。

dou35.jpg 



内部も順調に進んでいるので次回紹介していきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。